<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

香港旅行

f0031872_010084.jpg
香港の朝はお粥から始まる。飲茶も朝から食べるそうだ。

f0031872_0103987.jpg
泊めてもらった友達の家の近所で。女性たちが体操をしていた。

f0031872_0112857.jpg
2日目の昼、カルガリー留学の仲間4人が集まってくれた。飲茶は大勢で食べると楽しい。

f0031872_016961.jpg
avenue of starsという通りに行って、香港アイランドを眺めた。一番高いビルは、有名なお店がたくさんは行っているらしい。

f0031872_0222675.jpg
お寺。お香の匂いに包まれていた。みんなひざまずいてたくさんの棒が入った箱を振っていた。一番最初に飛び出てきた棒に書いてある番号で運勢が分かるそうだ。

f0031872_0335254.jpg
香港美術館。これは「白石」という中国の画家の作品。100歳近く生きた人。きれいだった。

f0031872_0305374.jpg
夜でも、店が開いていて、大勢の人で賑わっていた。

f0031872_036517.jpg
フェリーで1時間、マカオへ。

f0031872_0371496.jpg
教会。今は入り口付近しか残っていない。

f0031872_0374856.jpg
マカオでも、飲茶を食べた。ここでは香港の友達と一緒ではなかったので、英語の通じない店員に注文を伝えるのにとても苦労した。漢字を書いたりガイドブックに載っていた料理の写真を見せたりして何とか乗り切った。

f0031872_040987.jpg
夜はポルトガル料理を食べた。タラのサラダ(左)はしょっぱすぎずパンとの相性がよかった。どれもおいしく大満足。

f0031872_0414662.jpg
最終日は香港へ戻ってきた。デザートでツバメの巣杏仁スープ(奥)を初めて食べた。巣からツバメの唾液だけを取り出すらしい。肌にいいから女性が食べるそうだ。おいしかった。


あっという間の4泊5日だった。
ずっと目がかゆかったのは空気が悪いせいなのかな。
でもとーっても楽しい香港、また絶対行きたい。
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-29 00:45 | 香港旅行

香港から帰国

昨日香港から帰ってきました。
食べ物がおいしくて、何でも安くて、人々が優しくてとってもいいところでした。

やはり留学から帰国後すぐの旅行は無理があったようで、
旅行最終日に風邪をひいてしまい、今日は一日家にいました。

早く治して友達に会いたいなあ。
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-27 23:52 | 帰国後

うふふ、和菓子。香港へ。

f0031872_0191749.jpg
つくばセンターまでサイクリングをした。緑が気持ちいい。
f0031872_0195434.jpg
Q'tというモールでお買い物。丈の短いコートやスパッツが流行ってるんだー、と感心しながら見て回った。
f0031872_021996.jpg
西武の1階でラーメンを食べた。おいしかった。

・デパートの惣菜売り場で、明太子や散し寿司、バウムクーヘンが並べてあって感動した。
・おいしそうなパンが並ぶパン屋さんも久しぶりに見た。
・和式トイレや、ジェットタオルにもびっくりした。
・つくばの観光バス、「つくバス」を見て力が抜けた。
・日本語が聞こえるとつい振り返ってしまう。だがそれが普通なんだと自分に言い聞かせた。
・帰国翌日、つくばエクスプレスを使って竹橋へ行った。駅がすごく立派だ。
・乗り換えのため走っているサラリーマンがたくさんいた。
・1年ぶりの携帯電話。メールを速く打てない。
・出張から帰った父と再会。お土産であげたSサイズのセーターがぶかぶかだった。

f0031872_0245282.jpg
カナダまでわざわざ和菓子を送ってくださった和菓子のいとうさんにお土産を持って伺った。そうしたらまた大福、お団子、お餅をプレゼントしてくれた。幸せ…♪もうすこし手が器用なら、私も和菓子職人になって毎日大好きな和菓子に囲まれていたい!

まだちょっと時差ボケが辛いですが…、
明日から5日間、香港へ旅行に行ってきます。
26日までブログ書かないので、それ以降に覗いてみてください☆
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-22 00:50

帰国

日本時間18日午後3時、帰国しました。

バンクーバーで何かがあったらしく、チェックインまで2時間近くも待つ羽目に。
f0031872_116748.jpg
長蛇の列。パソコン入ったリュック背負ってたから肩が凝った。セキュリティチェック、全員ボディチェック有の厳戒態勢だった。

f0031872_119722.jpg
飛行機の窓からはずっとロッキーマウンテンが続いていた。ばいばいカルガリー…

1時間遅れで到着。
成田についたとき、もわっとした空気に驚いた。
サウナかと思った。
カルガリーを出たときは、マイナス1度だったから。
着ていたパーカーとジャケットが日本では必要なかった。

帰って、納豆や天ぷらを食べられて幸せだった。
何か、まだ帰ったという実感がない。
日本に旅行に来た気分だ。

とりあえず買い物しなきゃ。美容院に行きたい!携帯買いたい!
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-19 11:16 | イベント

帰国前日

色々な人の助けを借りながら、朝から夕方6時までかかって、荷造りを終わらせた。
友達のマイクに家に来てもらい、3つダンボールを送りに郵便局へ行ったら、クレジットカードがない。
現金も引き出せず、どうしようかとおろおろした。
結局マイクが払ってくれて、後でATMを探してお金を返した。
帰宅後、カード会社に電話して紛失手続きをしてもらった。
誰にも使われていなかったからよかった。
帰国前日にカードをなくすなんて…。
2日前に使ったとき店員さんが返してくれなかったのかな。
全く覚えていない。
それにしても、シーメールで計372ドルもした、たっかい。

夜はパーティーを開いてもらった。
あとは寝て朝出発するだけ。

では行ってきます!
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-17 15:03

あと2日

日本語のクラスでみんなにお別れをした。

たくさんの友達が学校まで会いに来てくれた。

ホストファミリーと一緒に日本料理屋へ行き、ご馳走になった。
f0031872_18103232.jpg
嘘のケチャップをかけるふりして驚かす、リズムに乗りながら野菜や肉を焼いていく、とパフォーマンスの素敵なお店。ここに来たのは2回目だが、2回とも数いる客の中からケチャップをかけられる役になり、今回もまんまと騙され向こうの期待通りのリアクションをしてしまった。

ヘッドライトと、アウトドアナイフをプレゼントしてもらった。

また一緒にハイキング行こうって。う、うれしいよお。

昨日と同じく、みんなが寝静まってから荷造りを始めた。
荷物の多さに愕然とし、いまいちやる気が起きない。

もうすぐ3時半。とりあえず明日のサッカーの試合に備えて、寝よう!
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-16 18:19

サッカーボール

学校がない日なので、電車でカルガリー一大きなモールに行き、お買い物をした。
夜、日本語のクラスの生徒たちが送別会を開いてくれた。
f0031872_1858513.jpg
インディアンフード。おいしかったー。計12人集まった。

前菜やお酒まで注文した私の分は高かったはずなのに、みんなにごちそうになってしまった。
どう頑張っても払わせてもらえなかった。

そして最後には、
f0031872_1915357.jpg
みんなのメッセージ入りのサッカーボールのプレゼント!!途中やたらとみんながトイレに行くなあと思っていたら、交代でメッセージを書いてくれていたらしい。うれしすぎて言葉にならなかった。

帰ってきて夜1時、ついについに、部屋の片付けを始めた!
4時までやったら、ちょっと物が少なくなった。

今日会った仲間たちとは、また明日も会うことになった。
楽しみだなあ☆
色々な人が荷詰め手伝うよ、空港に送りに行くよ、と言ってくれて本当にありがたい。
幸せで胸がいっぱいです。
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-15 19:07 | イベント

黒クマ親子に遭遇!

火曜日

ホストブラザー・ポールのバイクに乗せてもらって、バンフの先にある、モレーンレイクを見に行った。
f0031872_15331695.jpg
学校が終わった午後1時半出発、湖に着いたのは4時だった。夕方のモレーンレイクは初めてだったが、やっぱりすごく綺麗だった。

モレーンレイクに、「See you またすぐ会おうね」と手を振った。

バンフから更に4時間先にあるジャスパーには、もっともっと美しい湖がたくさんあるそうだから、次ここに来たときには絶対行かなくちゃ。

数日の間に一気に寒くなり、バンフに寄る余裕もなく、すぐ引き返した。

帰り道は、メイン高速道路ではなく、古い道路を通った。
f0031872_15385335.jpg
運転席に乗って記念写真を撮っていた。

写真を撮り終わって後ろを振り向いたら、

大きな黒い動物が、いち、に、、、4匹いるのを発見!!
「あれ何!?」とポールに言うと彼は「Get on the motorcycle!!」と言うので慌ててバイクに乗った。

冷静に考えれば見るからに黒クマなんだけれど、まさかこんな近くに4匹も現れるなんて思っていなかったから、頭が働かなかった。
母グマと、3匹のコグマが森から道路に出てきてしまったようだ。

ちょっと時間が違ったら記念写真に入ってしまうくらいの距離にいた。
バイクでその場を去るときに、ぞくぞくっとした。危なかったな。
ポールも「すごく怖かった」と後で言っていた。

家に着いたのは9時。
防寒対策しっかりしたはずだったが、足りなかったらしく、震えが止まらなかったので熱いお風呂に入った。

9時半、友達3人と遊びに行った。
ビールを飲んで、ビデオを見て、おしゃべりした。
そしてしばらくのお別れをした。

家に帰り、号泣。これから毎日色々な友達と会う約束がある。
涙が枯れてしまわないか心配だ。
留学の友達から、「辛すぎるよ」と話には聞いていたけれど、まさか私がこんなに感受性豊かだったなんて(笑)

水曜日

腫れぼったい目で日本語のクラスに行った。
初級クラスの後、男の子3人組が教室の外でうろうろしているのを先生が見つけて、「質問があるの?」と聞いた。「いいえ」という彼ら。「あ、ふゆみさんとどこか行きたいの?」とまた聞くと、「そう」と恥ずかしそうに答える。「ごめんね、ふゆみさんはもう一時間私のクラスを手伝わなきゃいけないの」と先生。彼らは帰ってしまった。まだ高校を卒業したばかりの17、18歳の男の子たち、気持ちだけでうれしいわ、ありがとう。

授業後は、友達のミシェルとランチに行った。
行く予定だったインディアンレストランが閉まっており、日本料理屋へ。
f0031872_166284.jpg
今日は気温が7度まで下がり、雨が降っていて風が強くて、とても寒かった。なので、鍋焼きうどんを頼んだ。半分しか食べられなかった。ホストマザーが「冬美は最近ケーキを食べない。パンにバターを塗らない。肉も食べない。こっちで増えた6キロを減らそうとしているのかしら」とこっそりポールに聞くほど、前より食欲が減った。きっと、もうすぐ環境が変わるからナーバスになっているのだと思う。

荷詰め、まったく手をつけていない。
残り3日。明日こそ本気でやろう。
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-14 16:13 | イベント

日本語クラスでスピーチ

ブログ書いている暇あったら荷詰め始めなきゃー…と思うのだけれど、残り少ないカルガリーでの日々を後で忘れないように記しておきたい。

今日の出来事

●友達の会計のクラスに潜りこんだ。自己紹介始まりそうな雰囲気だったので一人でびびっていた。先生の言うこと98%は理解できた気がする。1年前と比べてリスニング力は多少ついたかな。

●日本語の授業のお手伝いをした。

上級クラスの331では、4ヶ月ぶりにかわいい生徒たちに再会できてうれしかった。日本語でスピーチをした。易しい言葉を選んで話したけれど、反応は薄い。やはりまだ難しいようだ。

初級の205のクラスでは、英語でスピーチをした。日本の大学、カナダの印象、について話した。生徒がいつもより多め(40人)だったので緊張した。「女子大だからつまらなくて、カナダに来た」「女子学生は放課後、バイトやサークルで男の子に会うためにメイクアップをし直す」、「毎朝2時間の電車通学では痴漢に気をつけないといけない」などのところで爆笑が起きた。カナダ人の笑いのツボが少し分かった。大学受験や就職活動などのことは真剣に聞いてくれた。

同じレベル(205)の授業がもう一つあった。先生は「また同じ話しをしてくれれば構いません」とおっしゃってくれたけれど、先生の見ている前で全く同じ話しをするのは恥ずかったので、ちょっと違うことを話した。どちらのクラスもすごく反応がよくて、質問がたくさん出て、うれしかった。

●スピーチのお礼に、先生から和菓子をいただいた。
あんこ、お餅、最中、おいしかった。日本に帰ったら真っ先に和菓子を買いに行こう。

●マーケットモールに行った。
前から欲しかったCDを買った。
f0031872_1794140.jpg
パブに行って2度目のお昼ご飯を食べた。カナダサイズの大きな食事とももうすぐお別れだなー。

●サッカーの練習に行った。
「もうシーズンが終わるのになんでこんな練習をするのか。We are not gonna win!」
とある子が監督のいないところで愚痴を言うほど、結構厳しい練習だった。基礎練をみっちりした。その子は、「皆で1列になってジョグしながら、一番後ろの人がダッシュで先頭に行く」練習をしているとき、ダッシュが遅くて監督から怒号が飛んだら、「あなたがこっちに来て走りなさいよ!」と切れていた。

練習後、いつも車で送ってくれるチームメイトのエイジュリアン(家がすごく近い)と意気投合し、二人で飲んだ。かなり酔っ払って気持ちよくなって、家に帰った。


帰国まであと6日!今日も帰国準備は何もしなかった。


カルガリー、今週後半は雪の予報です。
雪が降る前にもう一度バンフに行きたい。友達に言わせると、「バンフは観光客のためのところでつまらない」そうですが、美しい湖を目に焼け付けて帰りたい!との私の願いを聞き入れ、誰か明日連れて行ってくれると思います。あー楽しみだなあ☆
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-12 17:10 | 学校

乗馬!!

土曜日、サッカーの試合の後、ホストファミリーにサイクリングに連れて行ってもらった。毎週山に登ったりキャンプへ行ったりするアクティブな人たち。
先月誘われた「ハイキング」は、実は登山だった。
今回は自転車だから大丈夫だろうと思った。でも、やっぱり甘かった。

自転車に乗るのなんて1年ぶりなのに、本格的なマウンテンバイクを貸してもらって、前のめりになって、隣町まで、25キロの道のりをひたすら漕いだ。
川沿いの、きれいに整備された自転車・歩行者専用道路を走った。たくさんのアヒルや、マスクラットというビーバーの仲間を見ながら、気持ちよく漕げたのも最初の30分だけ。あとはやたらと速い二人についていくので必死だった。

隣町のパブでご飯を食べてビールを飲んで、すぐに引き返した。
「戻らなきゃいけないの…?」と弱気に聞いたら、うれしそうに「yes!」というホストピアレンツ。
後半の25キロは風がない分、走りやすかった。しかしサドルがものすごく硬くて、「おしりが痛い!」と訴えたら、「そうだ、ふゆみのはサドルが硬いんだった。言うの忘れてた」。そんなこと折り返し地点で言われても困るから。。夜9時半、やっと家に到着した。もうすでに足が筋肉痛で悲鳴をあげていた。

日曜日、念願叶い、Horse back ridingに連れて行ってもらった。
友達や、ホストファミリー、計8人。
f0031872_1533837.jpg
2時間、山の中を列になって歩いた。この写真は開けたところに出たとき。茂みの中を歩いたので、枝をよけながら進んだ。

今まで係員に引っ張られたポニーに乗ったり、円をぐるぐる回る馬に乗ったことはあっても、このような乗馬はしたことがなかった。
草を食べだし、急な坂道を突然駆け出す「Buck 2(私が乗った馬)」に最初は戸惑いながらも、だんだんとコツがつかめてきた。
手綱を引いた左腕と、踏ん張っていた膝が痛くなったが、とっても楽しかった。
だが、馬に乗りなれていた他の7人は、「前はもっと自由に乗れたのに」と、先導されて一列で行った乗馬にちょっとがっかりしていた。私は牧場の人がついていてくれたので安心できたし、十分ワイルドライフを楽しめたんだけれど。

帰りは、パブでビールを飲んで、夕ご飯を食べた。
その後は有名なアイスクリーム屋さんに行った☆

気づけば帰国までちょうど一週間。
カルガリー大では4ヶ月の夏休みが終わり、明日から新学期が始まる。私はもちろん授業がないけれど、日本語のクラスのお手伝いに行く。
「きれいな部屋だね」とホストファザーに皮肉を言われるほどの部屋、いつ片付けよう。。
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-11 16:12 | イベント