人気ブログランキング |

<   2006年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

乱れた食生活

私の今日の朝ごはん。
小豆最中。甘い煎餅3枚。クッキー3個。チョコレート1カケ。
それもこれも、心優しい人たちが、私にお菓子をくれるから。
f0031872_1711199.jpg
今日はホワイトデー☆大好きな日本の彼から大好きな和菓子が届いた。
f0031872_1711401.jpg
友達がドイツから持ってきたチョコレートをくれた。

夕方、別の友達がくれたあまーいチョコとグミとポテトチップスを食べながら学校で映画「キングコング」を見た。
恐竜が追いかけるシーンや、グロテスクな生き物が出てくるシーンが、これでもかというほど永遠と続いた。気持ち悪いから!しつこいって!!
これだからアメリカ映画、好きじゃない。
感動して泣いている人が結構いたけれど、共感できず。
3時間がもったいなかった。

夜、母と電話して、食生活を注意された。
お菓子を食べるのほどほどにしなさいって。
本当に、そう思う。
遊びほうけているから毎日外食だし。
そろそろ、しゃれにならなくなってきた。ほっぺが重いよー。。
by fuyu-take2 | 2006-03-14 17:28 | 文化

ゲイシャ・ヤクザ

「バカな質問をしてごめんなさい。けど、ゲイシャってまだ日本にいるの?」
見ず知らずのカナダ人に聞かれた。最近やっている映画「Geisha」をみて気になったらしい。
何か悪いことを聞くみたいに恐る恐る。
海外で「ゲイシャ」というと、ほぼ間違いなく「高級売春婦」を連想するんだよね。
芸者って、舞妓さんがもっと大人になって、踊りや芸を極めた人のことを言うと思っていたけれど、実際良く分からない。芸者さんみたことないし。海外の芸者の認識が必ずしも間違っているわけではないだろうし。
困ってしまって、多分いると思うーみたいなあいまいな答え方をしてしまった。
勉強しなければぁー…。

「日本のマフィア、ヤクザについて聞いたんだけど。チリチリのパーマで、白人の女の子を見ると家に監禁して売春させるんだって?私もう怖くて日本にいけない」
サッカーの練習に行く途中の車の中で、チームメイトが言った。
日本に興味のない人が大半のチーム内で、唯一「日本で英語の先生しようか」と最近考え初めてくれた貴重な子!ヤクザに邪魔されちゃたまらない。
日本がいかに平和な国か力説しておいた。
四季の美しさ、東京の楽しさ、分かってもらえたかなあ。

ゲイシャとヤクザついでに日本の女の子について。 
昨日日本語クラスのTA仲間と話して、クラスのある男の人の家に行って危ない目にあった人、その人にバスでいきなり名刺を渡された人が数名いることを知った。
その人は私に対してもずっとしつこかった。
私は無防備にも家に何度か遊びに行ってしまい、肩に手を回されたり、マッサージをしようか?といわれたり、不快な思いをした。
大変残念なことだが、「日本人の女の子だから」という理由だけで言い寄ってくる男の人がいないわけではない、ということが事実だ。
大抵の場合、こちらの女性に相手にされないような男性。。
なめられないように毅然とした態度で立ち向かわなければ、と改めて思った。

f0031872_18465553.jpg
映画curious georgeを観にいったけれど遅すぎて見られなかったので代わりにイタリアンレストランに行った。久しぶりに薄味の店でおいしかった。けれど、盛り付けが雑なところはやっぱりカナダ。
by fuyu-take2 | 2006-03-13 18:58 | 文化

日本語弁論大会

前日睡眠時間3時間、だから早く寝なくちゃと思って部屋に帰って寝る準備をしていたら、午前1時、同じ寮の日本人の先輩Mさんからお呼びがかかった。私は「誘いは断らない」がモットー。
もともと楽しい人なのだが、酔っていて更に陽気だった。同じ質問を繰り返しする彼に、またかよと思いながら適当に答え、まったりお茶を飲んできた。チェジウに日本語教えるほど韓国エンターテイメントに精通しているすごい人だけど抜けていて面白くそして頼れるお兄さんみたいな人。一応、カルガリー大日本人代表らしい。3時、眠くて仕方がなくなってきたので帰った。

6時起き。何とか起きたが、眠すぎて機嫌が悪く、ビデオちゃっとで彼氏にぐずってしまったらしい。良く覚えていないけれど。ごめんねOっくん。
7時にバスで出発して北へ3時間半、気がついたらエドモントンに着いていた。
f0031872_1710152.jpg
やってきたのはUofA(アルバータ大学)。ここで第15回、アルバータ地区日本語弁論大会が開かれた。
f0031872_17111578.jpg
初級、中級、上級、オープンの4つのレベルに別れ、45人の生徒たちが日本語で熱弁を振るった。

日本の文化、食事、季節について。自分自身について。世界平和について。様々なテーマでみんな堂々とスピーチを行っていた。でも一回詰まると頭が真白になり止ってしまったり、時間オーバーしてしまったり、原稿をみてしまったり、などの小さいハプニングは結構あった。外国語でスピーチするなんてすごいなぁ。会場外には、ドーナッツが用意されていた。
f0031872_17221917.jpg
TA仲間3人を急かし、走っていって食べた。しかし他の人たちはなぜか無関心。もったいない!私はマフィンとチョコドーナッツとオールドファッションドーナッツを急いで食べ、お昼の後また一つメープルドーナッツを食べた。更に二つを紙にくるんでカバンにしまった。こんなにも食い意地が張っている自分が怖くなった。

通りかかった日本語のヤン先生が「楽しんでますか?」というから、「はい、ドーナッツがたくさんあって幸せで☆」と言ったらほかのTAが「違うよ。スピーチコンテストのことだよ」と焦って教えてくれた。「思わず本音が出てしまいましたね。くっく」とヤン先生に不気味に笑われた。だってドーナッツ大好きなんだもん。
f0031872_17293656.jpg
和太鼓の演奏があり、結果発表。
UofC(カルガリー大)の生徒は不調だったが、私が手伝った子はオープンクラスで一位をとったからうれしかった。景品は、それぞれレベルごとに、1位がipod nano、2位が150ドル、3位が100ドル、特別賞が50ドル、加えて辞書や本など。アルバータ州は石油で潤っているのだ。アニメの話をした人はやはり賞をもらえなかった。「日本のアニメが好きだから日本が好き」という人を日本人の審査員は嫌悪する。

帰りの車内でマフィンを食べ、カルガリーに帰って先生たちと中華料理をお腹一杯食べた。もう体重計には乗れません。
by fuyu-take2 | 2006-03-12 17:45 | イベント

クッキー

水曜日、インドアサッカーの最後の試合でまたいつものように負けてしまった。私、人をもう少し疑わなくちゃだめなのかもしれない。ボールがくるのを待っていると、必ず敵にとられてしまう。監督からの怒声が飛ぶ。アウトドアサッカーでは簡単に人を信じないようにしよう。一つ下のリーグに降格するので、今の監督とはもうお別れ。寂しいなぁ。新しい監督はとっても無愛想。うまくやっていけるかしら。
いつも友達に頼っていたレポートを自力で書き上げ、木曜夜、やっと一息ついた。私が必死でレポートやっている姿をみて友達は「どうしちゃったの?」と驚いていた。私だってやる気になるときがないわけじゃない。

今日は友達のポールのお母さんの夫Daleの誕生日。プレゼントを買う暇がなかったのでクッキーを作った。
f0031872_21445219.jpg
焼く前は完璧な文字だったのに、焼いたらひどくなっちゃった。まあ読めるからいいっか。
f0031872_21513292.jpg
奥はクロワッサンン風クッキー。これ見た目地味だけど結構巻くのが大変だった。

生活が乱れてもう朝の6時です。今日、日本語のクラスの人と「僕は白い。もち肌」「私だって日本人の中では白い方!」「でももち肌じゃないよ。白くもない」と言い合いをして、確かにそうかもなぁーとショックを受けたので、肌のためにも睡眠はしっかりとらなければ。明日から気をつけようと思います。
by fuyu-take2 | 2006-03-10 22:04 | イベント

先生たちとランチ&ドラッグ

日本語の先生方4名と、TA3人でランチを食べに、
学校近くのベトナム料理屋さんに車2台に便乗して行った。

「もう最初カナダに来たとき、何にもないところでショック受けて、毎日泣いて夫を責め続けたわよ~!」(イギリス人の夫を持つ30代後半のA先生)
「うちの夫はアンチアメリカだから絶対アメリカ系のガソリンスタンド使わないのよ~!」(カナダ人の夫をもつ40代前半のF先生)

と二人が会話の主導権を握り、今年先生になったばかりの若いK先生が相槌を打ち、唯一の男性中国人のY先生が気の利いた言葉を時々ばしっと言っていた。私たちTAはふんふんと聞いていた。
先生たちにご馳走になった。とっても楽しかった。

社会学の授業中、レクチャーとは関係なく、先生が「oxycontlyn」(たぶんドラッグ。でも本当は治療薬らしい)の危険について30分くらい力説した。先生の弟はその薬が原因で亡くなったらしい。こんなに危険だってこと誰も教えない、儲かるから隠す、みんなは何があっても絶対に手を出すな、などヒートアップ。すると、一人の生徒が手を挙げ許可をもらい前に出て話し始めた。その人は「crystal meth」で中毒になったらしい。危険性が少ないといわれているマリファナ、タバコだって危ない、と必死で語っていた。終わると、教室中から拍手が沸き起こった。有意義な授業だった。
by fuyu-take2 | 2006-03-08 16:28 | 学校

スノボ&ポール兄さん誕生日

日曜日、ロッキー山脈のサンシャインビレッジにスノーボードに行ってきた。
f0031872_16315922.jpg
暑いくらいの晴天。気持ちよかった。

2回目のスノボ。日本から1週間だけ遊びに来ているヒカルくん(19)に手取り足取り教えてもらったお陰で、私たち初心者3人は何とか滑れるようになった。私が転んで動けなくなったら爽やかな笑顔で板を持って安全なところまで連れて行ってくれて、「もっと自由に滑りたいでしょ?ごめんね」と言っても「いやいいっすよ~。僕久しぶりだし。ゆっくりやりましょう」と。何て出来た子なんだろう。彼のお陰で、ちゃんとターンができるようになった。楽しくて仕方なくなってきた。 
お昼を挟み、スノボ再開。
平坦なところで、前方にバッタンとこけてしまい頭を打った。痛くてしばらく動けず、ふらふらした。打ったところだけじゃなくて、2ヶ月前に怪我した後頭部も痛んだ。休憩をとってもらい、ゆっくりと下山。吐き気などはなかったので頭は大丈夫だなぁと一安心。けど転んだ直後の私はかなりショックを受けていたらしい、と友達が言っていた。やっぱり頭打つのはトラウマだ。怖い。なのにヘルメット被らない。学習しなきゃなぁ。

月曜日。朝起きると全身が痛い。特に腕と肩と首が動かない。スノボ初心者はこんなに筋肉痛になるのもなのか。服を着るのも一苦労だった。
今日はカナダのお兄さん、ポールの28歳の誕生日。学内バーに11人集まって飲んで食べた。プレゼントの薄ピンクのシャツ、気に入ってくれたみたいでよかった。
f0031872_1713377.jpg
腕相撲をするポール兄弟。みんなではしゃいで、いやぁ愉快だった。
f0031872_1741472.jpg
カナダのタバコ。こうやって大きく警告表示が出てるところ、日本と違うよね。もちろん、吸おうとした人に「私タバコ嫌いなの。吸わないで」と睨みを利かせて阻止するのは忘れなかった。

話して、ビリヤードして、5時間後やっと解散。何とクロムというポールの友達が全額払ってくれてしまった。払わせてと言っても聞いてくれない。ご馳走様です。陽気に寮に帰ってきて水飲んだ。久しぶりにほろ酔いだわ。
by fuyu-take2 | 2006-03-07 17:07 | イベント

和菓子に、涙

昨日に続いて、今日も日本から大きなダンボールが届いた。
f0031872_12164821.jpg
仲良しの和菓子屋「いとう」さんのご主人が和菓子を送ってくださった!!他にも、綺麗な色紙、お雛様、心のこもったお手紙まで。

びっくりして、ちょっと考えて、次の瞬間涙が出てきた。
大好きな和菓子に出会えて幸せで、そしてといとうさんの優しさに感動した。
うれし泣きなんて久しぶりだぁ。

その後ジムに行っても感動が冷めず、色々な人の優しさを思い返してみて、
ダンベル体操しながらまたウルウルしてしまった。
素敵な人たちに囲まれて、本当に幸せだ。

和菓子を友達におすそ分け。
みんな、きれいな模様に驚き、しばらくうっとり見つめてから、食べ始めた。 
大好評で、あんなにあった和菓子が、もう残りわずか。
もちろん自分の分はきちんと確保した☆

ジムのあとは、大学バレーボール選手権を見て、迫力に驚いた。
名門UBC(ブリティッシュコロンビア大学)とケベック州の大学のチーム。
いやープロ並にうまかった。
これから麻雀を習いに行ってくる♪
by fuyu-take2 | 2006-03-05 13:03 | 文化

サッカー辛かったよおぉ

日本から荷物が届いた。いよかんの大きな箱に化粧品と食料がぎっしり。
パパママありがとう☆
f0031872_16232644.jpg
今日はお雛様。友達呼んで一緒に食べたよ。

やらなければいけないこと。

・寮費の支払い
期限はとっくに過ぎているのだが、異様に高い値段に納得できず説明を求めて回答待ち中。どうやらやっぱり間違いらしい。来週ビジネスコーディネーターと話し合う予定。

・春学期の授業登録
今日登録しに行ったら、 まだ春も授業とれるという許可の紙が届いていないからできないと言われた。インターナショナルスチューデントセンターに文句言いに行ったら、「ああ忘れてた!」って。早くしてくれないと取りたい授業Fullになっちゃうよー。

・家探し
寮に住み続けるか、アパート探すか、ホームステイか。または家に来ていいよっていう友達のお宅にお世話になるか。うーん決められない。

・旅行の航空券
冬学期と春学期の間の休みにバンクーバーに行って彼と8ヶ月ぶりの感動の再会をして(うふふ)、その後トロントへ行く。チケットとらないと。

・怪我の治療費の保険請求
こちらに来て捻挫、耳の不調、頭の切り傷、と病院に結構行った。留学保険に入っているのだが、保険を請求するのに診断書が必要らしいから、病院に連絡とらなくちゃ。治療費10万くらいかかったから、保険の元はとれるんじゃないかしら。


夜は最後から2番目のサッカーの試合。
8人しかいなくて(プレーヤー6人)、サブが2人というリーグ始まって以来最低の少なさ。
始まってすぐうちのチームの一人が退場になり、ピンチ~!
みんなキリキリして、反則が目立った。
もう疲れすぎて交代を求めたら、「だめだ!もう少し頑張れ!」と言われへろへろとプレイを続けた。高校時代の4×400mリレーに次ぐ辛さ。
「Fuyumi! Give me a goal!!」と監督の必死のお願いにも関わらず私はゴールできず申し訳なかった。。
試合は1-5で負けてしまったが、みんな本当によく頑張ったと思う。

残り一試合。 
4月からアウトドアサッカーシーズンが始まるが、
今シーズン負け続けたうちのチームは4部リーグに降格決定。
(カルガリーでは、S,1~7の8つのリーグがある)
このチームに残ろうか、他のチームに行くか。
それも決めなければー。

今日は日本語の授業で先生がみんなにチョコボールを持ってきてくれて、あまりを「TA様どうぞ」と生徒たちが言うから調子に乗ってたくさんもらって、部屋でひたすら食べ続けた一日だった。
by fuyu-take2 | 2006-03-04 16:57 | サッカー

ドイツのお菓子

最近毎日雪が降っている。
f0031872_14275452.jpg
分かりにくいかも知れないけれど、結晶がとてもきれいなの。さらさらの雪で、きらきら。空気がきれいだから食べられるって聞いて食べたらおいしかった☆

前日に先生にテスト範囲の質問し、
遅すぎることは十分承知でテスト勉強を始めた。
朝になり、他の授業は行かず必死で勉強し、お昼の友達とのランチの約束にはきちんと行った。電車の中でもひたすらプリントを読んだ。
ドイツの友達のガールフレンドが2週間遊びに来ていて、明日帰ってしまうというので点心を食べに行った。(会ったのは今日が初めて)
チキンフィートなどグロテスクなものには全く手をつけず、どれも恐るおそる食べていてかわいかった♪
私はすぐ後にテストがあるので途中でおいとま。
するとドイツカップルがこれをくれた。
f0031872_14505814.jpg
え、えええ!!マジパン!マジパンだよー!小さいジャガイモの形をした、アーモンドと砂糖とシロップを練ったもの。外側はココア。お酒の上品な風味とねちょサクっとした触感がたまらない>_<

そういえばずーっと前にその子の彼女が来ると聞いて、「じゃがいもみたいなお菓子大好きなの!持ってきてもらって!」ってお願いしたんだった。まさか本当に持ってきてくれるとは。もらったときはびっくりして感激して悲鳴を上げてしまった。食べたの何年振りか。大事に大事に、味わいながら食べた。うっとり。

テストは全く分からず、途中で飽きた。でも何とか適当に文章を考えて埋めた。丸2時間、苦痛だった。終わってよかったー。

夜のジムでのリハビリのボランティアの今日の担当は、ポーランド人の女の人。談笑しながら楽しく時間前に終わらせた。そうしたら他の男性から手伝って欲しいと声がかかり時間までその人のお手伝い。「女の子が溺れて犬がおかしくなって」とミステリー映画の内容を永遠と話してくれたけれど、半分くらいしか理解できなかった。

一日の終わりにまたマジパン食べてほっと一息。おいしいもの食べられるって最高の幸せ。やっぱりカナダに永住はできないな。食べ物がおいしいところに行かないと。
by fuyu-take2 | 2006-03-03 15:41 | イベント

友達ができない理由

「なんで留学生は現地の友達ができないの?」
カナダ人の友達に聞いてみた。

留学仲間たちの
「日本に関心のないカナダ人と仲良くなるのはまず無理」
「カナダ人の女の子って冷たい」
などの声を聞いて、前から疑問に思っていたことだった。 

よく観察すると、何も留学生に限った話ではない。
アジア系はアジア系で、肌が白い人は白い人だけで、 
人種ごとに固まっているのだ。
奇妙だ。

「みんなふゆみたちを外国人だと思わないんだよ。中国系カナダ人だと思う。日本人だって分かったら対応が違う」

「気にかけない、それが北米人のいいところでも悪いところでもある。外国人を差別しているんじゃなくて、誰に対しても興味がないんだよ」

ふーん。でも何で人種ごとに分かれるの?

「小学校のときはみんな一緒、中学で人種ごとにグループが出来始め、高校で完全に分かれる。すごく変だよね」

「特に白人女性。彼女たちは若い頃美しくて、男にちやほやされていて、それが当たり前だと思っている。Sex and the cityとかfriendsとかばからしいドラマをみることがすごく重要だと思っている。」

「1度もカナダから出たことのない、あるいはアメリカにしか行ったことのない人間は世界が見えていない。自分たちの住んでいるところが一番素晴らしいと思っている。」

「もっとも嫌悪すべきものは35歳~50歳の白人の女性たち。ぶくぶくに太って醜いのに、若い頃と同じように、何でもしてもらって当然だと考えている。」


とここまで来るとかなり『racist against 北米人』だが。。

要するに、自分たちが一番だから、他の国や人に興味がないらしい。
あくまでも参考意見としておこう。

最後に彼に言われたのが、
「友達ができないのは決して留学生のせいじゃない」ということ。

ありがたい言葉だ。

-------------
あさってのテストの範囲が分からず、恥を忍んで先生にメールしたら教えてくれた。いえい!
サッカーサークルの先輩が4月にカルガリーを訪ねてくれること!!うへへ☆
3月20日~26日カルガリーで行われるフィギュア世界選手権の女子フリーのチケットゲット。ひゃっほー!結局みきてぃが出るのかな。
by fuyu-take2 | 2006-03-01 18:45 | 文化