<   2006年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

★スキー★

f0031872_143437.jpg
Kananaskisというところへスキーへ行ってきた。カルガリーから車で1時間半。

今年は暖冬で雪がとっても少なくて、このスキー場は先週やっとオープンした。
待ち望んでいたオープン!!

だが、しょぼすぎた。
リフト一本しか動いていないし、コースも4本くらいしかない。
(速度は速い。ある男性は乗車に失敗し手すり部分に両手でつかまり、宙ぶらりんになった。リフトはどんどん進み、ひやっとした。新雪部分に飛び降りて無事だった。)
レストランがなく、麓のテントで6ドルのチーズバーガーが売っているだけ。
トイレは仮設だ。
雪質もあまりよくない。

今月初めにスキーで怪我をしてしまったからか、
今回、滑りながら恐怖心を感じた。
何度も転んだシーンが思い浮かび、ぞくっとした。
だから無理をして森の中に入ったりせず、
ちゃんとしたコースを滑った。

友達5人はボーダー、私一人だけスキー。
初めてボーダーと一緒に行動したが、 
リフトに乗り降りするときや平斜面のとき、わざわざ座ってバインダーに靴をはめる彼らを待つのを、時間の無駄だと思ったり、
ボーダーは足が固定されているから誰でもある程度うまく見えると思ったり、

…なんてことはなかったよ☆

今度はスノーボードに挑戦してみたい!!

日本人のお姉さんがドライバーを務めてくれたのだが、
左車線を間違えて走り、
「Speed bump(車止め)」 を「え?speed up?」と聞き間違えスピードを上げ、
なかなかスリルのある運転をしてくれた。
そんなお姉さんが大好き★運転本当にありがとう。

途中、bighorn Sheepが二匹、道路を悠然とあるいていた。
写真はとれなかったけれど…参考写真↓
f0031872_14583150.jpg

by fuyu-take2 | 2006-01-30 15:07 | イベント

飲んで踊って

金曜日は当然パーティーの日!

友達とレストランに食事に行きおなか一杯になり、
その後ポールと待ち合わて、友達のブラッドの家に行った。
彼は、筋肉マニアのポールをしのぐマッチョ。
隙を見ては二人の腹筋にパンチをして楽しんだ。
ブラッドの家でおいしいお酒をごちそうになり、

夜11時過ぎ、バーへ行った。
二人の大好きなDJが出るというので
ずいぶん前からチケットを買っておいたのだ。
ボディチェックが厳しい。
セクハラだろってくらいに下半身を撫で回す。
私はアジアの女の子だからか知らないが、遠慮がちにチェックしてくれた。
夜中3時まで、飲んで、踊った。

ブラッドは絶対踊らない主義なので疲れたらブラッドとお話し、
踊りたいときはポールから離れて一人で踊った。
イケメンポールを一人にしておくと、
ゲイの人がたくさん近づいてきて一緒に踊りたがる。
ほーなるほど、と感心した。

疲れ果てて帰りのタクシーで寝てしまい、
部屋に帰ってばたんきゅーだった。
by fuyu-take2 | 2006-01-29 06:19 |

ジムでリハビリ

毎週木曜夜は、学内のジムでリハビリのボランティアをすることになった。
Community Rehabilitation and Disability Studies Program
という授業の一環だ。
生活の介助、brain injury centerでのボランティア、
など選択肢がたくさんあったが、
車を持っていない&運動好きな私は迷うことなく学内ジムを選んだ。

今日は初日。
どきどきしながらジムへ行った。
体に障害のある方が10数名。
スタッフがそれぞれ一人~数人を担当する。
私はあるおじいさんの担当になった。
自己紹介をした。
「I'm Fuyumi…」と言い終わらないうちに、
「…are you japanese? どうもゴトウです。」

何と、日本人の方だった。
1967年に移民したらしい。
お互い日本人に会ったことに驚いた。
それほど、カルガリーに日本人は少ない。

歩行訓練、段差の昇降、バイク、体操、筋力トレーニング、
など10数種類のメニューを1時間半でこなした。
ゴトウさんが優しく教えてくださり、お話も弾んで、とっても楽しかった。

建築の勉強をしていたこと、どうしても海外へ行きたくて移民したこと、
こっちの大学に入り直して頑張ったこと、二人のお子さんは日本とアメリカに住んでいること、カルガリーのおいしい日本料理屋さんについて、病気について。

たくさん質問したら、喜んで話してくださった。

奥さんもいらしていて、リハビリ後は3人で盛り上がった。
またよろしくお願いしますと丁寧に頭を下げていただいて、恐縮してしまった。
こちらこそ楽しかったですありがとうございます。

担当はその都度替わるのだろうけれど、毎週ゴトウさんに会えるのが楽しみ☆


・今日失敗したこと
部屋に鍵を置き忘れたままロックしてしまい、締め出された。 
寮のフロントデスクで1ドル払ってスペアキーを借りて一件落着。 

・今日うれしかったこと
日本の彼からあいのりと古畑任三郎スペシャルのDVDが届いた!!
明日提出のレポートは友達に任せ、私は部屋で一人であいのり見た。感動。
古畑任三郎は明日以降のお楽しみ♪
by fuyu-take2 | 2006-01-27 19:21 | 学校

日本語のクラス

日本語の二つの授業でアシスタントをしている。
先学期は私一人だけでちやほやされていたけれど、
今学期は日本人の女の子が私を含めて3人いる。

ワーホリビザで来て、学食で働いている27歳の方、 
語学学校を終えて暇になった26歳の方。
二人とも、細くて小さくてかわいらしくて、私だけでーんとしている。

うーん、負けていられない!!

イケメンをとられないように、頑張らないと!笑

丸2年間、TAをしていた日本人男性Tさん(高校の英語の先生)が
明日帰国してしまうので、さよならパーティーがあった。
彼のことは見かけたことすらなかったが、ケーキに釣られて行って来た。
スピーチを聞いて、彼のあまりのジャパニーズイングリッシュにびっくりした。
2年間こちらで暮らしてもあの程度なんだー、とちょっとホッとすると同時に、
ということは1年間で、私の英語はどの程度伸びるのだろうか、と心配になった。
頑張るしかない。

日本語クラスの生徒たち、
今年9月からの日本への交換留学のために
今、テストや面接を頑張っている。

早稲田大が大人気だ。

誰か私の大学にも来てよー。少人数教育で面倒見いいよー。。

けれど、今カルガリー大からお茶大へ留学している子は、
「女子大を選んだのが間違いだった。男がいなくてつまらない」
と言っているそうだ。(その子の友達と今日仲良くなって聞いた)
それに「留学の友達しかできない」とも。

確かに、私の大学構内で、留学生だけで孤立しているのを良く見かけた。 
今なら、彼女たちの気持ちが痛いほど分かるのになぁ。。
強引に遊びに誘うのになぁ。

帰国したら、お節介なおばさんになってみよう。
by fuyu-take2 | 2006-01-26 17:31 | 学校

日本料理

昼、ポールとジェラットと、ダウンタウンにある
「Sobaten」という日本料理屋さんへ行った。
すっごくおいしいと言われていたから期待していたのだが、
蕎麦はやわらかすぎて、てんぷらは油っこすぎて、
ちょっとがっかりした。
身長180以上はあるジェラットと同じものを注文し、
私は完食、彼はかなり残した。
「どうやったらそんな食べられるの?」とびっくりされた。

夜会った、annoying guyについて、一回書いたけれど消しました。
不愉快を感じるのは私だけで十分です☆
(何されたわけでもないですが)
これから、更に危機感を持って行動しようと思います。
by fuyu-take2 | 2006-01-25 16:45 |

初勝利!!!

サッカーの試合があった。
結果は7-4。
9月のインドアサッカーシーズン始まって以来の、
我がチーム初勝利!!
「これでこそWild Cats(チーム名)のサッカーだ!!」
と監督は大喜びしていた。

試合後、
ニット帽を脱いだ監督は、
坊主だった。
あまりにも負け続けるチームの責任をとったのだという。
試合中は選手にプレッシャーを感じさせないため、
帽子で隠していたのだ。

監督に勝利をプレゼントできて、本当によかった。


他のチームの試合を観戦していて、少女が本当にうまいことに驚いた。
ドリブル、パス、シュート、スタミナ、どれをとっても
私たちWild Catsははるかに敵わないだろう。
まだ肉がついていないからだろうか。

私もこんな女子サッカーが盛んな国に生まれてみたかったな。
とちょっと思った。
by fuyu-take2 | 2006-01-24 15:38 | サッカー

中国のお正月

★金曜日
すっごくお世話になっているポールのお母さんの誕生日。 
事前に情報を仕入れ、大好きだというチェリーチョコの詰め合わせと、ネイルセットをプレゼントした。軽く悲鳴あげて喜んでくれて、うれしかった。

チキンウィングをご馳走になった。
考えてみたら、今週は一日しか自炊していない。外食続きだ。太るわけだ。
おなか一杯食べ、苦しくなり、そのまま泊めてもらった。

★土曜日
今月末は中国のお正月。
一足早く、お正月を祝う会があるというので、香港の友達に連れられ、
教会へ行ってきた。
目当てはもちろん中華料理。
ただでご飯が食べられるならどこへでも行く♪

点心、チャーハン、しいたけ、チキン、豚。
デザートは甘すぎる野菜チップスみたいなものと、
お餅、挙げ饅頭、ゼリーなど。
量が多すぎてうんざりしたが、
おいしかった。

その後、ことわざのゲームや歌で大盛り上がり。
100パーセント中国語で私は全く理解できなかったが、
雰囲気を楽しむことができた。
カナダの、中国人の人口の多さを改めて感じた。

★日曜日
スキーへ行くはずだったが、疲れすぎていたのでやめた。
一日、食べて、寝て、を繰り返した。
何もしない休日。こちらに来てから初めてだ。
リフレッシュできた。
一日本当に動かず、ちょっと体の調子がおかしくなったので
夜10時、防犯ブザーを持って散歩に出かけた。
広い大学の敷地内を歩いて、バスループを走って、
1時間後、帰ってきた。
すっきりした☆
by fuyu-take2 | 2006-01-23 19:22 | イベント

カルガリーへようこそ

Ssssでーが来る!!!
愛すべきサッカーサークルの大好きな仲間☆
昨日飛び込んできたうれしすぎるニュース!>_<

朝思いついて私にメールくれたので返したら、次のメールのときにはもう航空券
を手配したって内容だったからたまげた。
素晴らしい行動力。
2週間後に会えるんだよ。
何だかまだ信じられない。
昨夜は一人でテンションが上がって寝つけなかった(笑)

指折り数えながら2月3日を待っておりますわ。
うふふ楽しみ♪
by fuyu-take2 | 2006-01-21 18:07 | イベント

いつも負けるサッカーの試合

頭の傷が治ってきたので、昨日サッカーの試合に復帰!!
チームメイトがみんな心配してくれていてうれしかった☆
それぞれに怪我したときの状況について同じ説明をするのが
ちょっと面倒だったけれど。

結果は、2-7。
また負けた。
なんでかなあ。
個人の実力は相当なもので、チームワークもあると思うのだが。 
他のチームが信じられないほど強いわけでもない。
ああ、一回くらい勝ってみたい。

アメリカのKちゃんが以前ブログに、キャンパ○の編集長から
クリスマスカードをもらったという喜びの言葉を載せていた。
もらっていない私は嫉妬し、編集長にさりげなく(でもないけれど)
ショック受けたことを伝えてみた。
そうしたら、私にも同時に送ってくれたのだという。
何で届かないんだろう。
もしかしたら、他にも届いていない手紙があるかもしれない、
と心配になった。 

手紙は受け取ったらすぐメールで届いたことを伝え、
返事を書くようにしています。
しばらくたっても返事が来ない場合は催促してください。お願いします。


今日は留学の友達の誕生日おめでとう&さよならパーティーで
ステーキ屋さんへ行った。
おかわり自由のサラダ、スープ、フルーツ、
メインのサーモン、チキン、ステーキ、パスタ、
たくさん食べて満足♪

こうして、留学の友達が一人、また一人、と帰国していく。 
寂しい。

明日はセンター試験。
雪、降りませんように。
by fuyu-take2 | 2006-01-20 18:58 | イベント

避難2回

頭の感覚がないことについて皆様からご心配をいただき、
私もだんだん心配になってきた。
母が近所のお医者さんに聞いてきてくれた。

「これこれこういうわけで、頭の感覚が2箇所ほどないらしいんです」

「だろうね」

さ、さすが先生。あっさりと。

「切ったりすると神経細胞が分断される。
神経細胞は早くて一日1mm、遅いと0.1mm伸びるので
3センチ分断されると早くて30日、遅くて300日かかる。」


「・・・・CTは撮ったほうが?」

「いやいや、必要ない(強い否定)。それよりブログ心配だね。情報漏れるよ」

なるほど!

とりあえず、頭のことは心配しなくていいみたいだからよかった☆

ブログは顔写真&本名なしで気をつけているつもりです。


昨夜、バーで友達のクリスのバンドを聴いていたら、
喉が痛くなり涙がぽろぽろ。周りをみると、皆咳き込んでいる。
「ペッパースプレー」を誰かが放射したらしい。
呼吸困難になるかと思った。急いで外へ避難。
パトカーが4台来た。
顔に直接スプレーをかけられた青年は、
のた打ちまわりながら一生懸命雪で顔を冷やしていた。
かわいそうだった。
外でずっと待っていて、寒かった。

今朝は、6時にファイヤーアラームで起こされた。
階段を降り、外に避難した。
眠りを妨げられて本当に不愉快だった。
by fuyu-take2 | 2006-01-18 18:11 | イベント