カテゴリ:未分類( 13 )

終わりのご挨拶

新学期。
朝6時に起きて片道2時間かけて通学する日々がまた始まりました。
でも卒業単位は取り終わっているので週休5日です。
私は4年生扱いだってことに昨日気づき、慌てて履修登録をしました(学年ごとに登録期間が異なるので)。
どうやら、休学していたからまだ3年生、ということにはならず、来年5年生になるようです。

フットサルの試合に出たり、
新聞サークルの会議に行ったり、
ゼミの先生と卒論について話し合ったりしています。
今日は講座の友達のディズニーシーに行きました。

1年ぶりに会った友達は就職や院進学が決まり、生き生きとしていました。
私もこれから、自分の進路について考えていこうと思います。

留学を終えたので、今回でこの「留学日記」も終了させていただくことにします。
今まで読んでくださっていた方々、本当にありがとうございました。
コメントに何度励まされたか分かりません。
「コメントしてないけど見てたよー」と言ってくれた友達もいました。

母は、パソコンの苦手な父のために毎回このブログを印刷していたそうです。
留学をさせてくれた両親には感謝してもしきれません。

またカルガリーに戻れることを夢見て…。
それでは皆様、お元気で。また会いましょう。
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-10-05 02:19

うふふ、和菓子。香港へ。

f0031872_0191749.jpg
つくばセンターまでサイクリングをした。緑が気持ちいい。
f0031872_0195434.jpg
Q'tというモールでお買い物。丈の短いコートやスパッツが流行ってるんだー、と感心しながら見て回った。
f0031872_021996.jpg
西武の1階でラーメンを食べた。おいしかった。

・デパートの惣菜売り場で、明太子や散し寿司、バウムクーヘンが並べてあって感動した。
・おいしそうなパンが並ぶパン屋さんも久しぶりに見た。
・和式トイレや、ジェットタオルにもびっくりした。
・つくばの観光バス、「つくバス」を見て力が抜けた。
・日本語が聞こえるとつい振り返ってしまう。だがそれが普通なんだと自分に言い聞かせた。
・帰国翌日、つくばエクスプレスを使って竹橋へ行った。駅がすごく立派だ。
・乗り換えのため走っているサラリーマンがたくさんいた。
・1年ぶりの携帯電話。メールを速く打てない。
・出張から帰った父と再会。お土産であげたSサイズのセーターがぶかぶかだった。

f0031872_0245282.jpg
カナダまでわざわざ和菓子を送ってくださった和菓子のいとうさんにお土産を持って伺った。そうしたらまた大福、お団子、お餅をプレゼントしてくれた。幸せ…♪もうすこし手が器用なら、私も和菓子職人になって毎日大好きな和菓子に囲まれていたい!

まだちょっと時差ボケが辛いですが…、
明日から5日間、香港へ旅行に行ってきます。
26日までブログ書かないので、それ以降に覗いてみてください☆
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-22 00:50

帰国前日

色々な人の助けを借りながら、朝から夕方6時までかかって、荷造りを終わらせた。
友達のマイクに家に来てもらい、3つダンボールを送りに郵便局へ行ったら、クレジットカードがない。
現金も引き出せず、どうしようかとおろおろした。
結局マイクが払ってくれて、後でATMを探してお金を返した。
帰宅後、カード会社に電話して紛失手続きをしてもらった。
誰にも使われていなかったからよかった。
帰国前日にカードをなくすなんて…。
2日前に使ったとき店員さんが返してくれなかったのかな。
全く覚えていない。
それにしても、シーメールで計372ドルもした、たっかい。

夜はパーティーを開いてもらった。
あとは寝て朝出発するだけ。

では行ってきます!
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-17 15:03

あと2日

日本語のクラスでみんなにお別れをした。

たくさんの友達が学校まで会いに来てくれた。

ホストファミリーと一緒に日本料理屋へ行き、ご馳走になった。
f0031872_18103232.jpg
嘘のケチャップをかけるふりして驚かす、リズムに乗りながら野菜や肉を焼いていく、とパフォーマンスの素敵なお店。ここに来たのは2回目だが、2回とも数いる客の中からケチャップをかけられる役になり、今回もまんまと騙され向こうの期待通りのリアクションをしてしまった。

ヘッドライトと、アウトドアナイフをプレゼントしてもらった。

また一緒にハイキング行こうって。う、うれしいよお。

昨日と同じく、みんなが寝静まってから荷造りを始めた。
荷物の多さに愕然とし、いまいちやる気が起きない。

もうすぐ3時半。とりあえず明日のサッカーの試合に備えて、寝よう!
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-09-16 18:19

帰国前ブルー

に、突入か??

当たり前のように毎日会って、話して、笑い合う友達は、
2ヵ月後には私の隣にいないんだなーって思うと、
泣けてくる。いとも簡単に。

でも同時に、
日本で色々な人に会うのもすごく楽しみ。
満員電車で立ったまま寝てみたい、
温泉に入りたい、
母の料理が食べたい、
携帯ほしい。

うーん、帰りたくないけれど、帰りたい。
とっても変な気持ちだ。


今日母に電話したら、
袴のカタログが送られてきたわよ、と。
みんな卒業しちゃうのね、あはは、
となぜかうれしそうな母。

卒業が遅れることへの哀れみの笑いなのか。
「大学生の母」をもう一年余分にできることへの喜びの笑いなのか。

理解しかねるがとにかく、
帰ったら、私はまだ3年生。
一つ下の子たちに溶け込めるかしら。
日本の女の子は、細くて、おしゃれなんだろうなあ。

今、カルガリー大には、短期の留学生がたくさん来ている。
よく、日本人の集団を見かけて、びびる。
今まで日本人に会うのさえ、稀だったから。

カチューシャつけて、ひらひらのワンピース着て、ヴィトンのバッグ。
そんな格好の見るからに日本人の女の子は、フードコートの
「Kobe beef」の前で、明らかに浮いていた。
カナダ人は半そで、短パン、サンダルが基本。ダウンタウンにいても、そうだ。
すっかり楽な格好に慣れてしまっていた私は、先日日本から遊びに来た友達の細さとかわいさに焦りを感じた。
帰国後、今度は私が浮いてしまう番だろう。

準備期間が必要だと思う。
帰国は、9月17日。
ちょっと地元でのんびりして、買い物して、
10月に東京進出しよう。
そしてみなさん、会いましょう。
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-07-26 17:31

女優デビュー♪

しちゃいました☆
13チャンネル(どこだ?)に映る&アルバータ州の全学校で放送されるんだって。

政府の第二言語推進プロジェクトのビデオ撮影をした。
アルバータ州は、第二言語を必修にしたいらしい。
前はそうだったのだが、良質な先生を育てられなかったことが原因で、廃止されてしまい、今に至る。それをまた変えようというのが政府の方針だ。
私は日本人代表で、ビデオに映ることになった。
しかし、私とペアの日本語を話す白人のお兄さんが来ない!30分待っても来ない!!
しびれを切らした私たちは、撮影を始めることにした。
スペイン語ペアと、ロシア語のお姉さん(人が見つからなかったらしく、一人で携帯を持って話しながら)、私たち日本語ペア(急遽、私の相手は日本人のお姉さんになった)がそれぞれ話しながら歩き、クロスする。そこにおじさんが現れ、プログラムの宣伝をする。
f0031872_12362783.jpg
おじさんNG出しすぎで、計10回くらいは同じことさせられた。
「昨日なにしたー?」「サッカーした」といった内容の話を繰り返し。。

やっとオッケーが出て、スペイン語の授業に行った。
今日はプレゼンテーション。家族の誰かを紹介するというものだったので、父のことを話した。
「毎日同じリズムで生活しています。朝6時に起きてジョギングして~ 仕事行って音楽聴いて9時に寝て~」と。
紙をみちゃいけなかったので、ど忘れしたらどうしようかとどきどきしていたが、3分間、無事詰まらず全部話せて一安心。

昨日サッカーの練習のとき監督が、
「フユミ、実はまだレジスターができていなかったんだ。明日サッカーセンターに行って新しくカード作ってきてくれるか?古いカード、ジノ(前の監督)が持ったままなんだ」
と訳の分からないことを言って来た。
でもカードがないことには試合に出られないから、仕方なくサッカーセンターへ行ってきた。
電車とバスを乗り継いで2時間かかった。疲れた。

途中、感動的な出来事があった。
電車で寝ていた。ふと目覚めると、隣のおばあさん(70歳くらい)の肩にもたれかかっていた。
そう、私はいつでも他人の肩にもたれて寝てしまう。日本で、おじさんは大抵優しかったけれど、女の人は怖かった。押し戻されたり、頭を叩かれたり。仕方ないよね、私も反対の立場だったら嫌だもん(笑)

でもね、今日のおばあさん、何と
「いいのよいいのよ、疲れてるんでしょ、ほら寝て!」
と肩を差し出してきたのだ。
もう完全に目が覚めていたので、ちょっと困ったが、
「ありがとうございます☆」と言って、また肩に寄りかかった。
自らの意志で赤の他人の肩にもたれかかったことなかったから、ちょっと緊張した。
すぐに睡魔に襲われ、気持ちよく寝ることができた。
こんな優しい人がいるんだ~感激した。

サッカーセンターでは、15ドル払ってメンバーズカードを作った。
古いカードがあれば払わなくて済んだのに。
前の監督に怒りが込み上げてきた。苦情を言わなければ。

帰ってきた頃には日差しの強さにやられてぐったりして、何もやる気が起きない。
日傘がほしいー。けれどカナダで差したら浮いてしまう。
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-06-06 14:06

パスポート申請

パスポートの申請に行ってきた。

今日の担当の人は、いつもの愛想の悪いえらそうな男の人じゃなくて、腰の低い男の人だったから気分が良かった。

5年にするか、10年にするか、最後まで迷ったけれど、10年にした。

5年は120ドル、10年は170ドルで、値段があまり変わらなかったから。

書類を書いて、写真館を指定されて撮りに行った。

鏡みる暇もなくいきなりバシャッと撮られた。写真をみてショックを受けた。

私、想像していた以上に顔丸い。半笑いでちょっと気持ち悪い。

たった2枚の写真で21ドルもした。まったくうまい商売だ。

写真に納得できなかったので総領事館に戻ったときやっぱり5年にします、って言ったけれど、また書類書き直さなければいけないらしく、面倒だったので10年のままにした。

以前彼に、

「10年後にこの写真みてさ、このときはまだよかったねーってほど将来もっと丸くなったらどうしよう」と言ったら、

「笑えないよ」

と真面目に返されてショックを受けたのだけれど、意味が今日やっと分かった。

ジム通いさぼらず頑張るぞ。 


今週は、レポート地獄である。寝不足で毎日頭がふらふらしている。

月曜提出のはずだったレポートは先生にお願いして期限を延ばしてもらった。その上、あと2つ、木曜提出のレポートがある。

明日は、一日引きこもってレポートしようと思っていた。


そうしたら、昔のサッカーチームの懇親会みたいなのがあることに気づき、

更に別の友達から学校でサッカーして遊ばないかと誘われ、

ずっと前から行きたかったアイスホッケーのチケットが手に入ったから行こうと言われた。


すっごく悩んだ。どれにしようー…。

けれど良く考えたら、単位がもらえないレポートのためにせっかくのチャンスを無駄にするなんて馬鹿げている。

サッカーかホッケーか。

アイスホッケー観ないでカルガリーに住んでたなんて言えないな。もうすぐシーズンが終わってしまうし。普段はなかなかとれないチケットだし。 

よし決めた。楽しみだ~♪
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-04-05 17:25

フィギュア世界選手権

25日土曜日、カナダ・カルガリーで行われた世界フィギュアスケート大会。女子フリーの演技を観にいった。

美しい華麗な舞にうっとりし、氷を削る音にどきどきし、会場の一体感に酔いしれてきました。

練習の度に階段を下りて最前列まで行って、間近で選手たちをみた。 
f0031872_15512321.jpg
恩田選手はテレビよりも全然かわいい☆終始リラックスした様子だった。
f0031872_15515781.jpg
ジャンプの練習をするサーシャ・コーエン選手。手の届く距離で顔をみて息をのんだ。美しすぎる。ただ、転倒が目立ったので本番が心配になった。
f0031872_15535058.jpg
村主選手はテレビよりも更にきれい。細さ、顔の小ささ、目の大きさ、すべてにうっとり。滑らかなスケーティングだった。

係員のおじさんに「時間だからどきなさい」と言われるまで粘った。

最終組、最初に滑ったコーエン選手は最後の転倒がかわいそうだった。アメリカのキミー・マイズナー選手(16)がほぼノーミスで演技を終えると会場はスタンディングオベーション!興奮冷めやらぬまま次に滑った村主選手の演技はとても情熱的だった。キミー1位、村主2位、コーエン3位。

表彰式の後のウィニングランで、私たち3人は走って前のほうへ移動した。その時点で2列目、じーっと機会を伺い、前の人がどいた瞬間最前列に滑り込んだ。前日作った「情熱 村主 はぁと」の「はぁと」を私が持ち、「村主」をもう一人の女の子が持ってリンク側の壁にたらして待った。
f0031872_16482315.jpg
すると、村主選手がこっちへ向かってやってきてくれた!

握手をしてもらう友達2人。
そして、、、
f0031872_16431916.jpg
村主さんみずから「じゃあこれ持ちますぅ」と言って横断幕を持ってポーズをとってくれた>_<

夢なんじゃないかと思った。でも遣り残したことが一つ。握手!
横断幕を返してもらうとき、
「村主さん!握手してください!!」と必死で声を張り上げた。
そうしたら、握手してくれた☆壊れるんじゃないかと思うくらい華奢な手だった。
「感動しました!」と言いながらもう私は泣く寸前だった。

私たちの隣にいた日本人の女の子5人組はサインをしてもらおうとずっと待っていたが、アピール力に欠け、気づいてもらえなかった。「私たち嫌われてるのかなぁ」なんて悩む暇あったら叫ばなきゃだめだよー。

一周回らないでさっさと帰ってしまったコーエン選手はよっぽど悔しかったんだろうなぁ。でも「一番上を狙っていた」という村主選手だって不本意だったはず。彼女の観客を大事にする姿勢は本当に素晴らしいと思った。
f0031872_16304232.jpg
サインをする金メダルのキミー選手。
f0031872_16314587.jpg
金・銀メダリストのツーショット。

帰り道、胸がいっぱいだった。3人ともおかしい精神状態でうまくしゃべれなかった。留学先カルガリーにしてよかったーって心から思えた一日だった。日本から応援に来て、1週間男子やペアなどすべてをみたという30~40代女性3人組に会った。トリノ五輪にも行ったという。夫が高給取りの主婦たちだろう。何て優雅な生活♪うらやましー!!
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-03-27 16:51

タバコ

レポートが終わらない!!>_<
今夜中3時半。提出の午前11時までまだ7時間半もあると思うと安心してしまってやる気が出ない。
きっと提出1時間前になったら焦って必死にやるんだろうなぁ。

日本から送ってもらった古畑任三郎正月スペシャルを友達とみた。
松嶋奈々子が煙草を吸うシーンで
「カナダではこういうシーンは放映しちゃいけないんだよ」と友達が言っていた。
「煙草のコマーシャルは絶対ない。ドラマでも…子どもがみる番組とか時間帯のものは煙草を見せない。すべての番組がそうだという確信はないけれど…」
とあやふやな記憶ではあったけれど。

感心した。
そういえばテレビで煙草を見た記憶がないな。
喫煙による健康被害のショッキングなCMもよく見かける。
煙草の自動販売機はもちろんない。
レストランで、灰皿を見かけたことは一度もない。全席禁煙だ。(バーやクラブは違うけれど)

煙草が苦手な私にとって、とても暮らしやすい国だ。
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-02-27 19:37

行方不明のホッチキス

朝、学校のクリニックに行った。
9日前にスキーで怪我した頭の抜糸(正確には糸じゃなくてホッチキスだが)
を行うためだ。

どきどきしながら、診察台にうつぶせになった。
傷口に消毒を塗られ、10分くらい待たされた。
ドクターが来て、頭を見て、
「ホッチキスなんて珍しい!今は糸が普通なのに」と言った。
(私は「最近はホッチキスが主流」だと思っていたので驚いた。
傷を閉じてくれたお医者さん、針と糸を使うのが面倒だったのだろうか。)

ペンチみたいな器具を取り出した。
一つ一つ、抜いていく。
麻酔はしない。もちろん痛い。
我慢できる痛みだったが、一つだけものすごく痛いのがあった。
なかなか抜けない。先生がぐいぐい引っ張る。
叫びそうになったが、なんとか耐えた。
5分後、17個のホッチキスがすべて取り除かれた。
すっきりした。

夜中に帰って、頭の傷口に薬を塗った。
手に、硬いものがあたった。
ホッチキスくらいの大きさ。
もしかして…。。

不安を拭い去ろうと、記念にもらったホッチキスの数を数えてみることにした。
1,2,3,,,,15,16。
16!!??
一個足りない><
慌てて机の周りを探すも、見当たらない。

ビデオチャットをしていた彼に「どうしよう!」と訴えた。
笑われた。でも一応心配してくれた。 

気持ちを落ち着けるため、ホッチキスでお花の模様を作ってみた。
f0031872_1920263.jpg
何度見ても、16個しかない。ホッチキスがM字型になっているのは、ペンチのせい。

傷口を触ってみて、本当にホッチキスが1つ忘れられているのか
確かめたが、よく分からない。
単なるかさぶたなのか、ホッチキスなのか。

とりあえず今日は寝て、明日友達に確認してもらおう…、と思っていたとき、

パソコンの裏に光るホッチキスを見つけた!!(^O^)/

彼と喜び合った。
これで、安心して眠れる。

だが、心配事が一つある。

頭の一部の、感覚がない。
麻酔やホッチキスのせいだと思っていたが、
そうではないようだ。
頭を切ったとき、神経も切ってしまったのだろうか。
一生、感覚は戻らないのだろうか。
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-01-14 19:27