日本の女の子が好きなおじさん

チャイナタウンへ行って、bubble teaを飲んだ。
f0031872_14345765.jpg
バナナココナッツ。ブラックタピオカがたくさんで幸せ~☆
f0031872_14354754.jpg
日本料理屋に行って、納豆そばを食べた。奥はBeef don(つまり牛丼…)。納豆はカナダに来て初!懐かしかった。その後、チャイナベーカリーでパンをたくさん買って、家で夜中一人で食べて、満足した☆いつものようにたくさん食べた金曜日だった。


今はルームメイトのミシェルとサラが旅行に出かけている。
だから、家には私とマイケルしかいない。彼は土曜も学校があるらしいので、出かけていった。
私は一人でご飯作ったり、スペイン語の勉強したりして、のんびりしていた。

すると、「ドンドンドン!!」と大げさにドアをノックする音がした。
そして、立て続けにチャイムを鳴らす。
こっそり窓から覗いてみると、男の人だった。
私は怖くなって、自分の部屋に戻って鍵を閉めた。
その人、なかなか諦めない。
しばらくしてやっとチャイムが止んだ。

恐るおそるキッチンに行って片付けをしていたら、
さっきの男の人が手を振ったので、窓をちょっと開けて話した。
彼は、私たちの家の地下に住んでいる人だった。
「ずっとチャイム鳴らしてたんだよ」というから、
「音楽聴いてて気づかなかった、ごめんなさい」と言った。
彼は、ミシェルを探していたみたいなので、いないと言って一件落着。

でも、家で一人でいるとき訪ねてくる人みんな警戒してしまう。
開けた途端押し入られて殺されるかもしれないし。
どんな人か分からないものね。やっぱり一人暮らしは怖いなぁ。

夜は、友達のパーティーに行ってきた。
正確に言うと、友達の友達の家。
みんな優しくて、話面白くて、楽しかった。
今、カルガリーはとても寒い。外にいたら、トレーナー来て薄いジャケット着ていたのに寒くて、せっかく持っていったビールを飲めなかった。飲まなかったパーティーなんて初めて!!

その家のお父さんは日本人の女の子好きだから気をつけて、と事前に言われていた。
案の定、私をみるなり近寄ってきて、「フユさんハジメマシテ。」とつたない日本語で自己紹介してきた。その後もトークが永遠と続く。頃合いを見計らって、早めに友達のところへ戻った。
その家、ホームステイの受け入れをてしているそうだけれど、いつも日本人の女の子を希望するんだって。
そういうお父さんがいる家にはホームステイしたくないなぁ、と思った。
[PR]
by fuyu-take2 | 2006-06-11 15:18 | 文化


<< 女子サッカー(U18)カナダチ... チームメイトは妊婦さん >>